大阪でレーシックを受けようとお考えの方に役立つ、安全で信頼のあるレーシック手術を施してくれる大阪の眼科やクリニックをご紹介しています。レーシックにおいて抜群の人気と施術数を誇る大阪の眼科とクリニックを、ランキング形式でご紹介しています。

レーシック手術の注意点

レーシックの手術を誤解しないために

レーシック(=視力回復手術)は、眼科の治療においてとても高度な医療技術です。成功すれば、今までの生活とは変わりコンタクトや眼鏡がなくてもクリアな視界を取り戻すことが可能です。

しかし、眼科やクリニックでレーシックの手術を受ける際に、知っておかなければならないことがあります。 レーシックの手術でのリスクなど、カウンセリングや問診の際に医師やスタッフから説明を受ける内容は当然把握しておかなければならないことですが、そのうえでさらに、レーシックの手術自体の根本的な解釈について誤解をしてはいけないということがとても重要になってきます。

レーシックの手術を受けることで、視力が回復した人はたくさんいますが、レーシックとはそもそも角膜の屈折以上を矯正することにより、視力の回復をします。 ですが、眼の中の組織構造自体を変えるというものではなく、根本的な意味で視力を回復する手段ではないということを理解することが必要となってきます。

つまり、レーシックによって視力が回復したとしても、眼の内部の状態は「近視」「乱視」「遠視」の状態のままなのです。眼球自体の構造が変わっていないために、手術前に強い近視だった場合、近視の人が特にかかりやすいと言われている緑内障といったような、眼に関する病気を患う確率は、普通の視力を持つ人よりも高いまま、ということなのです。

こういったことはレーシックの手術を受けることで起こるものではありません。 しかし、レーシック手術によって眼球の状態(眼球の構造)まで治るものではないということを理解しておかなければなりません。

レーシック 手術後の注意点

レーシックの手術は、終わってからのケアがとても重要です。視力が回復しただけで終わりというわけではありません。せっかく視力を取り戻したのなら、手術後のケアをきちんとすることで、戻った視力を安定して維持できるようにしていきたいですよね。

まず、術後の決められた検診、これは必ず受けるようにしましょう。調子が悪くないとつい眼科へ足を運ぶのを忘れがちですが、きちんと検診をうけることで、合併症などの異常も早期に発見することができ、早めの対処をすることができるからです。

レーシックの手術を受けた後の定期検診は、手術の翌日、1週間後にそれぞれ必要です。また、1ヶ月後、3ヶ月後、6ヶ月後となり、1年後、2年後・・・となってきます。 1年以上たつと、検診を忘れる、または面倒でいかなくなる人が多くなるようですが、気を抜いてはいけません。大切な眼を守るために、必ず検診を受けましょう。

次に、日常生活において注意する点です。レーシックの手術を受けた後はドライアイになりやすいので、ドライアイを防ぐためのケアを心がけましょう。 例えば、眼に直接エアコンなどの風が当たらないようにする、意識して瞬きの回数を増やすなど、日ごろから眼に負担のかかることを避けることが大切です。眼を休めたり眼の運動をしたりするのもいいでしょう。

合併症などの症状は急に起こります。通常以上に意識して眼をケアすることが大切です。

レーシック 大阪のおすすめ眼科とその理由 コンテンツ一覧

Copyright (c) レーシック 大阪のおすすめ眼科とその理由

大阪でレーシックの実績が高い、おすすめの眼科・クリニックとその理由をご紹介しています。